当店では、台湾茶を功夫茶器と濾杯(茶こし付カップ)にて提供しております。
功夫茶器でお召上がりの場合は、店員が淹れ方のご説明をしながら1煎目を淹れさせて頂いております。
台湾茶の淹れ方にご関心がある方は、「気軽に台湾茶」にご参加ください。
また濾杯では、台湾茶をお気軽にお召し上がり頂くことができます。




茶壷を使って / 濾杯を使って / 蓋碗を使って

茶具(茶器) (左下から時計周りに説明)
(1)茶罐(茶葉を入れておく茶缶)
(2)茶荷(茶葉を入れる器。鑑賞用にも使えます)
  (11)竹盤(竹のお盆)

(10)茶托

(9)茶杯(湯飲み)

(8)水盂(湯こぼしボウル)

(7)茶船(底が深めの皿)
(3)計時器(タイマー)
・砂時計でも良いかもしれません。
(4)茶巾(タオル)
・お茶の色に近い物を使うと良いです。
(5)茶{中/皿}(ピッチャーのような容器)
・紅茶用のクリーマーなどでも代用可。
(6)茶壷(急須)・日本茶の急須で代用する場合は、
なるべく小ぶりのものを使うと良いです。



1.調電茶壷 / 2.温壷 / 3.備茶 / 4.温壷水温{中/皿} / 5.置茶
6.刷茶荷 / 7.収茶罐 / 8.沖茶 / 9.温杯 / 10.倒茶 / 11.分茶


1.調電茶壷(デャオディエンチャアフウ)
電茶壷(電気ポット)の水温を適温に調節します。

◇水温の目安◇
  • 発酵度の高いお茶----------
95度以上
  • 発酵度の低いお茶----------
75〜85度



2.温壷(ウンフウ)
茶壷にお湯を注ぎ、茶壷を温めます。



3.備茶(ベイチャア)
茶葉を茶罐から茶荷に移します。



4.温壷水温{中/皿}(ウンフウスェイウンジョン)
茶壷の湯を茶{中/皿}に移し、茶{中/皿]を温めます。



5.置茶(ジイチャア)
茶匙で適量の茶葉を茶壷に入れます。

◇茶葉の量の目安◇
  • 凍頂烏龍茶など半球状の茶葉----------
    急須に3/1ほど(底に敷き詰める程度)
  • 文山包種茶などかさがある茶葉----------
    急須に半分ほど



6.刷茶荷(シュアチャアフウ)
刷毛で茶かすを水盂に落とします。



7.収茶罐(ショウチャアグアン)
茶罐を元の位置に戻します。



8.沖茶(チョンチャア)
茶壷にお湯を注ぎ、約1分蒸らします。

◇蒸らす時間の目安(半発酵茶)◇
  • 1煎目-----------
約1分
  • 2煎目-----------
約1分10秒
  • 3煎目以降-------
約10秒ずつ長く
蒸らしていきます。
*茶葉を蒸らす時間はお茶の種類などによって異なり、またご自分の好みの濃度にもよりますので、ご調節ください。



9.温杯(ウンベイ)
茶{中/皿}の湯で茶杯(湯飲み)を温め、温めた湯を水盂に捨てる。
*茶{中/皿}に残ったお湯も捨てるのを忘れずに。



10.倒茶(ダオチャア)
茶壷の茶を茶{中/皿}に移す。
*こうすることによって、お茶の濃度が均一になります。



11.分茶(フンチャア)
茶{中/皿}から各茶杯に注ぐ。



店長からのアドバイス

  • 上記は、ちょっとかしこまった淹れ方ですね。
  • ご家庭での淹れるのでしたら、3. 6. 7. の手順が不要になります。
  • ポイントは、
    (1)茶器を温めておくこと
    (2)お湯の温度に気をつけること。
    (3)試しに1煎れてみることです。

    自分好みの美味しいお茶を淹れられるまで、がんばりましょう!
 


前に戻る / 台湾茶のしおりトップに戻る