お客様人気の当店自家製中華菓子のレシピ!
3つをご紹介しております。
是非、チャレンジしてみてください。

「中華菓子の講座」を開講しております。

詳しくは、イベントをご覧ください。   

菊 花 酥
(中華風パイ)




材料(約30個分)
油皮 強力粉 1カップ、薄力粉1カップ、ラード(バター) 1/2カップ、水 1/2カップ
油酥 薄力粉 11/2カップ、ラード(バター) 1/3カップ
内餡 こしあん 約150g
その他 卵黄 1個、黒ごま少々

作り方
1. 油酥皮を作る。まず、「油皮」の材料をボールに入れ、手で混ぜ合わせ、30分ほど寝かせる。
2. 「油酥」の材料を入れ、手で混ぜ合わせる。
3. 油酥と油皮を各均等(30個ほど)に切り分ける。
4. 油酥を丸め、のばした油皮で丸く包み込む。
5. 麺棒で細長くのばし、下からくるくると上に丸めて柱形にする。
6. また、麺棒で細長くのばし、再度くるくると丸め、柱形の生地を縦に置き、手で上から平たく押しつぶす。
7. 生地を指先でのばし、適当な量の餡を入れて包み、手で平たく押しつぶす。
8. はさみやナイフなどで、まず2個所真ん中を残し、切り込みを入れる。
9. 更に片方4個所ずつ切り込みを入れ、合計10枚の花びらが出来るように切り込みを入れる。
10. 各花びらを餡が上に見えるようにねじる。
11. 卵黄を刷毛で中心に塗り、黒ごまを少々のせる。
12. 170℃に温めたオーブンで約15分ほど焼いて出来上がり


蛋塔(エッグタルト)




材料(約15個分)
パイ部分 菊花酥と同じ
内餡 粉砂糖1カップ、牛乳1カップ、卵6個、塩少々

作り方
1. 油酥皮の作り方は、「菊花酥」の作り方を参照
2. ボールに粉砂糖、塩、牛乳を入れ、かき混ぜ、割りほぐした卵を加え、更に混ぜ篩で濾す。
3. 型にバターを塗り、手で押しつぶし延ばした生地を張りつける。
4. その中に、2の液を流し込む。
5. 180℃に温めたオーブンで約20分焼いて出来上がり。

鳳梨酥
(パイナップルケーキ)



材料(約25個分/長方形の薄い型の場合)
生地 薄力粉240g+10〜20g(生地の具合によって)、粉砂糖60g、無塩バター60g、ショートニング40g(入れるとサクサク感が出ます。しっとりした生地が好きな方はバターに変えて下さい)
粉ミルク(珈琲用パウダークリーム)30g、
卵1個、粉チーズ10g(隠し味。入れなくても可)
*最近は、ココナッツミルクパウダーを入れたりしています。しっとりした感じになるので、やわらかい生地が好きな方にはお勧め。
パイナップル餡(台湾の製菓材料店の餡にバターを加えると、更になめらかに)手に入らない場合は、硬めのジャムを代用してください。または、ドライパインを細かく刻んでバターと混ぜてみたら良い餡ができそうな気がします。が、まだ試作しておりません。m(__)m
その他 くるみや白ゴマ(餡の中に入れたり、生地の表面にトッピングしても)

★ポイント★
1.軟らかい生地なので、薄いビニール手袋をはめて生地を扱うと良いです。
2.ジャムで代用する時は、ジャムを少なめにして、生地からはみ出ないように包んで下さいね。
3.
作り方
1. 無塩バターとショートニング(冷凍)を室温に戻しておく
2. ボウルに無塩バター60gとショートニング40g、粉砂糖を入れ、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜる。
3. 2に卵を入れて更に混ぜる。
4. 3に粉ミルク・粉チーズを加え、更に混ぜる。
5. 4に薄力粉240gを篩い入れ、ゴムベラで切るように混ぜる。
6. ある程度ボウルの中で混ざったら台の上にあけ、スケッパーで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
7. 生地を25等分(1つ約20g)に分ける。
8. パイナップル餡も25等分(1つ約10g)に分ける。
9. 生地を薄く伸ばし、真ん中に餡を入れ、生地の周りから餡を包み込むように、型の形の平たい長方形にする。
10. 型に入れる。(生地の真ん中を気持ち押すようにして沈めておくと良い)
11. 160℃に予熱しておいたオーブンで両面10分ずつ焼く。
12. 型からはずして出来上がり


もっと他のレシピを知りたい方は、当店がレシピ提供をしたおやつ本
「おうちでアジア おやつ」を図書館などでご覧ください。
残念ながら、この本はすでに絶版になっております。

オールアバウトJapan中国茶のガイドの平田さんが、
サイトで紹介してくれました。

トップに戻る